purelog.

23歳女のありのままを書きおとすブログ。

【閲覧注:グロ表現】精神が安定してきた今、何も考えずに過ごす日々が怖い


f:id:aita94:20180122231226p:plain

私は、物心ついたときからネガティブでした。
それから大学3年が終わるまでずーっとそのままで
常に自殺願望があり、それにともなう自殺行動をしようとしたり
自分を傷つけることをよくしていました。

今は2年ほどはほとんど自分を傷つけることはなくなり
精神状態もだいぶ安定し、毎日泣いたりしないで済んでいます。

しかし、逆に平和すぎて怖いことがたびたびあります。

 

自分が幸せに生活していてもいいのかわからない

そもそも、「自分なんて幸せになれない、幸せになってはいけない」と思っていました。
気付いたらそんな思考に支配されて生きていました。
だから、何か幸せが目の前にあったりしても、それを避けたり、壊したりしてました。
今は、彼氏が自分を好きってことを知っていて、
それがたぶん今のところは揺るぎがなくて
自分も彼氏を大事に思えていて
愛情をもらって、あげているからか、だいぶ安心しています。
ですが、まだ時々「自分はこんなに幸せを感じて良いのだろうか?」
「やっぱりいつか壊れるのではないだろうか?それなら自分が先に幸せを壊したほうがいいのでは?」と思うことがあります。
ですが、基本的に「幸せを感じて」生きれるようになりました。

 

幸せで平凡な生活になり、感情が減り、生きている実感が減った

幸せになったような気がしてから、「感情」が減りました。確実に。
悲しんだり、辛いと思うことが減りました。
減ったんですけど、なんだか生きている実感までもなくなってきています。
確かに、幸せなときに「幸せだぁ~」って思うんですが、「生きてるなぁ」とは思えない。
むしろ、実は死んでいるんじゃないかとも思う。
全部夢なんじゃないかなとも思う。

 

自分を傷つけて血を流し、痛みを感じていた時のほうが生きていた気がする

この時、辛かった。辛くてずーっとずーっと泣いて自分を傷つける日々だった。
大学半ばは特に、地獄のようだった。
今では想像つかないほど狂っていた。寂しさと戦っていた。
飲み会の後は必ずといっていいほど、気分が落ち込み激しく自分を傷つけていた。
自暴自棄だった。でも、自分を傷つけて痛みを感じるほどなんだか安心していた。
よく、精神を病んでいて、自分を傷つける人はその瞬間、生きてる気がするとかいいますよね。不思議ですよね。

 

幸せでも、生きていることを実感したい

平凡な生活になって、日々泣くこともなくなって、それでも生きていることを実感したい
どうしたら実感できるだろうか?
今の私は何を見ても、聞いても全部夢にしか思えないのかもしれない。
こんなので良いのだろうか、毎日風のようにすぎさっていいのか。
でも、これは私が望んだことである。
毎日自分にふりまわされ、それだけでとてつもない体力を消耗していた自分がいない。
それだけで、今の生活がどんなに安定していることか。
あの時のままだったら、きっと私は追い込まれてしまっているだろう。
今の彼氏と付き合ったことが、良い転機にはなったんだろうなぁ。
このまま、落ち着いて生きていきたい。
そして、生きている実感が欲しい。

 

それとも、普通の人が「死」を意識しないから、私はその普通の人になってきているのだろうか

私は過去、知り合いに
「誰も”死”なんて気にしないんだよ。」って言われたことがあった。
その人は、健全な人だ。死にたいとか考えたこともないような人だ。
そんな人=みんな、なのであれば、私もみんなみたいになってきているのだろうか。
死を意識しない生活になってきているのだろうか。
でも、死というものはいつ訪れるかわからない。
だからこそ、死を常にやっぱり意識するし、生きている実感を求める。
いつもそうだけれど、言いたいことがわからなくなってきた。

 

私は生きているのだろうか?

実は、夢だった、そんなオチは欲しくない。
私が死ぬ瞬間ってどんなんだろうか。
私ってそもそも生きているのだろうか?
わからない。
心臓が動いているからきっと生きているんだろうけど。ね。

また、どこかで深く掘り下げて考えてみます。