purelog.

23歳女のありのままを書きおとすブログ。

ついに!入社2年目23歳、退職願を提出して来ました。そして今後の方針


f:id:aita94:20180608200439p:plain

こんにちは。アイです。
ついに、退職願を提出してきました。
直属の上司から、専務まで、会話して来た内容や切り出し方、反応などまとめてみます。

 

退職したいのでまず直属の上司に相談

この上司には、アポも何も取らず、二人きりになった時に退職したいという趣旨の話をしました。
正直、辞めたいと言いはじめたのは2度目だったので、そんなに驚いてはいなかったと思いますが、突然そんな話をしてしまったので少し機嫌が悪くなった気がしました。
でも、言わなければ進まないので勇気を出しました。
上司から聞かれたことは

  • いつ辞めたいの?
  • 辞めて次は何するの?

ってことぐらいです。
辞める理由は特に聞かれませんでした。
というか、理由は自分は聞くべきではないかのような感じでした。
私が辞めたい理由がどう言う理由なのかきっと知っていたのか、理由は別の人物に言うべきだから、今ここでは聞かない方が良いと思ったのかはわかりません。
ですが、上司は私の性格をかなり理解しているので、今回辞めるようになった経緯や、私の苦悩をおそらく知っています。
前回、1年前に辞めようとした時も、もやもや症候群にかられていたことを知っていたので、きっとわかってると思います。

※もやもや症候群とは:まだこれをしたほうがいいかな、こっちに進んだ方がいいかな、どうしたらいいかな、あああああああああああああああああ。という状態のこと。笑

そして最後に上司からは、専務に自分で連絡を取り、辞めたいと伝えてくださいと言われました。
そこからまたもやもや症候群を少し発生させながら、約2週間後に専務とお話をしました。

専務とカフェにて退職のお話

専務はむちゃくちゃ多忙な方で、よく出張にいって1週間帰ってこないなんてことはざらです。
タイミングをうまくつかめずにいましたが、なんとか連絡をとり、会社はたくさん人がいて話しにくいので、カフェでお話をすることになりました。
先に私がカフェについたのですが、緊張して緊張して、専務がきたらびくっと飛び跳ねてしまいました.....笑
そして、専務が来て、最初に放った言葉は
「疲れたか?笑」でした。
「まぁ、はい笑」と返事をしました。
それから専務は私の心を知っているかのように、モチベーションが下がった状態でこの仕事をするのはね、大変だよねってお話をしてくださいました。
本当に、自分の全てを捨て去るつもりでないとこの仕事では成功できません。
それを知っていたからこそ、私も悩み苦しんでいました。
そして結論として、辞めるという形にはなりましたが、専務もわかってくださいました。

話の内容をまとめると

  • この仕事を本気でするなら目標がないと無理。なくてもいいなら別だけど、ないと苦しい。
  • 仕事を本気でするんだったら全て切り捨てる覚悟は必要だった。
  • 最近の会社の働き方改革について
  • 業務について
  • 給与について

などなど、いろんなお話をしました。

そして、最後に退職願を社長に出してくださいって言われたので、次の日出しに行くことにしました。

とりあえず、社長いないので専務に退職願を提出

退職願をしたためて、会社に提出に行きました。
ですが、肝心な社長がいませんでした(アポとってなかったので。とりあえず専務が持ってこいとのことで)
なので、後日連絡をとり、日程を合わせ社長と面談後、退職の日にちが確定になるかと思います。

今後の方針

つらつら退職願を出すまでのことを書いて来ましたが、今後どうする予定かまとめておきます。
前からブログにはちょくちょく書いているかと思いますが、
Webデザインの職業訓練校に応募する予定です。
それに合格して、学校に通うことが決まればそうして、就職につなげて行く予定です。
もし、合格しなければ、可能な限り実家のある福岡に戻る前に就職先をなんとか見つけ、そこに就職して、福岡でも一人暮らしができるようにしたいと思っています。
見つからなければとりあえず福岡の実家に帰るかと思います。

自分の人生に責任を持つ覚悟

これから、本当の意味で自分の人生を選んでいくんだなぁとしみじみ感じています。
私は一番好きなことを諦めて、次のステップに行く。
これは私の人生のターニングポイントなのは間違いありません。
前者と後者では全く違う人生になるのは確実ですから。
そして、自らそれを選んでいくということは、もう全て自分に責任がふってきます。
この大きさって正直怖いです。
私は自分の人生に責任をおうのがめちゃくちゃ怖かったです。
ですが、今はやっと1歩歩きはじめられたと思う感じです。

不安なことも多いですが、今後できるであろう可能性に思いをはせ、締めくくりたいと思います。
また、進展ありましたらブログを書きます。では!